増田住建は邑南町での新築リフォームやUIターンの田舎暮らしを応援します

もう住んでるWEB内覧会②

2020.08.25

家具を使わずに、見せる収納。

いざやってみると、モデルルームの用には片付かず、生活感と一緒にモノがあふれてしまいがちです。

住まいながらの試行錯誤が続いています。

今回はキッチン周り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンは製作品。壁面に集成板を使った固定の棚板を設けています。

その棚にボックスや引っ掛け式の網棚を使って食器やストック食材を収納しています。

レンジフードの下には、調理器具を吊り下げてあります。IHの奥には置き型の調味料ラックと包丁立て。

キッチン天板の下はフリースペースとなっており、米びつ、分別用のごみ箱、大型の調理器具を収納。

まな板やフライパンを立てて収納することによって、取り出しやすさを叶えました。

DIYの範囲が大きくなりましたが、カスタマイズのしやすさでもあります。

年月につれて、「便利」のかたちが変わるかもしれません。

お台所は時短と整頓の実験場です。

 

次はパントリーとユーティリティーをご紹介します!

 

 

 

 

 

 

ページトップ