増田住建は邑南町での新築リフォームやUIターンの田舎暮らしを応援します

お寺の庫裏の建替えNo3です

2015.11.20

基礎から棟上げ、昔ながらの土壁塗りまでの職人の技を紹介します

0DSC_0424

 

庫裏の複雑な基礎に正確に鉄筋を入れコンクリートを流し込みました。

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0443

型枠を外しました。

頑丈で、綺麗な基礎が出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0470

 

檜の土台を配置して棟上げをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0513

いよいよ棟上げです。

豪快に皆で声出し合って丁寧に丁寧に柱と梁を繋げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0542

本当に沢山の木材を使ってクレーンで一本一本吊り上げて配置して行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0568

屋根まで木材を組み立てて来ました。

豪快です(^0^)

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0589

屋根の下地が完成。

いよいよ瓦を載せていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0613

瓦を定点に置きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0637

瓦を綺麗に取りつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0629

順調に瓦を載せ、角の鬼瓦を配置しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0653

内装に取りかかっています。

丁寧に丁寧に土壁の中の竹細工を施しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0672

「温故知新」(昔の事を調べていけば、新しい事を知ることが出来る)の言葉どおり、素敵な土壁を塗っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0681

難しい場所にも塗っています。

随所に職人の技が光っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

0DSC_0711

1000年住宅の法隆寺に習い丸太組・土壁を基本に仕上げていきます。

 

今後の仕上げが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ