増田住建は邑南町での新築リフォームやUIターンの田舎暮らしを応援します

邑南の木って?

邑南町の木って?
木材

邑南の気候に適した邑南の木材

日本人は昔から「木」の文化を伝承し、木の家に暮らし生活を営んできました。現代においてもその多くが木造住宅で暮らしています。断熱性と調湿効果が高く、快適で健康的な空間を提供してくれる木造建築は、寒さの厳しい邑南町の気候に適した家づくりを行うことが可能です。

木造建築の良さ

住環境にやさしい

近年、問題になっているアレルギー性皮膚炎などの原因の一つにダニがあげられていますが、床をカーペットからナラ材などの木製に替えることでダニの数が減少したという結果が出ています。これは木材の使用により調湿された結果、乾燥したことや、隠れ場所になるような隙間がなくなったことで、ダニが生きていくには厳しい条件になったからだと言われています。また、木の香りにはダニを寄せつけない効果もあります。


ひとにやさしい

コンクリートの床は歩いた際の足の皮膚温をかなり下げるのに比べ、木の床は皮膚温を下げません。
歩きやすく、木のぬくもりを感じられるのも木の床の特長の1つです。

木材は室内の生活で出る音を適度に吸収し、心地よく感じる音に調整してくれます。また木や紙などで作られた和室は吸音性に優れ、耳にもやさしいとされています。

スギの香りをかぐと、眠りやすいという実験結果が出ています。スギの香りはストレスを癒し、ヒノキの香りはやすらぎを与えてくれます。


からだにやさしい

木材は「落ち着く」「なごむ」などの癒し効果があり、相性の良い自然素材です。 木材を暮らしの中に取り入れることにより、健康で快適な、住空間を創出することができます。


ページトップ